雲龍図のご案内

法堂(はっとう)天井に平成9年(1997)天龍寺開山夢窓国師650年遠諱記念事業として日本画家加山又造画伯(1927~2004)により「雲龍図」が描かれた。

天井(縦10.6m 横12.6m)に厚さ3cmの檜板159枚を張り合わせ全面に漆を塗り、さらに白土を塗った上に直径9mの二重円相内に直接墨色で躍動する見事な八方睨みの龍が描かれている。

移築当時は明治期に活躍された鈴木松年画伯の雲龍図が描かれていたが損傷が激しく、現在ではその一部が保存されており、毎年2月に大方丈にて一般公開している。

雲龍図 雲龍図

雲龍図公開日

公開日 土曜日・日曜日・祝日
・春夏秋の特別参拝期間は毎日公開
・行事等により参拝出来ない日がございます
 ■雲龍図(法堂)参拝休止日:1月1日~2日、10月28日~30日

春の特別参拝(毎日公開)

 期間:平成28年3月5日(土) ~ 5月22日(日)

夏の特別参拝(毎日公開)

 期間:平成28年8月11日(木) ~ 8月17日(水)

秋の特別参拝(毎日公開)

 期間:平成28年9月3日(土) ~ 12月4日(日)と
    嵐山花灯路期間[平成28年12月9日(金)~12月18日(日)]
公開時間 9時 ~ 17時
 (10月21日~3月20日は16時 閉門)
参拝料 一人500円(庭園・諸堂参拝料は別途要)
※未就学児は無料
公開場所 法堂(はっとう)